2018/01/20

メキシコシティ (36)


下町は、都市の中における溝のような部分だとふと思った。
だから影もあれば死角もできる。

-そして溝だからこそ、水が流れる。


2018/01/19

メキシコシティ (35)


滞在して肌で感じたメキシコシティ というのがある。

一方で、少しずつゆっくりと立ち上がってくる写真によって
今は、あらたなメキシコシティが出来てきている感覚だ。


2018/01/18

メキシコシティ (34)


ある街があり、ただそこに人が歩いている、それだけのこと—
それを写真に切り取ることで
何か大事にするべき、価値あるものに形をかえる。

写真の真の面白味は、そのあたりに隠されているのだろう。


2018/01/17

メキシコシティ (33)


一見不自由とも思われるRZの大きさや重さ、かまえる位置を逆手にとり、
相手に気が付かれないように、違う方向を見てシャッターを切る。

ノーファインダーの撮影をここまで駆使したことは初めてだった。

それくらいメキシコシティは、写真を撮ることを遠慮させるような空気が漂っている。



2018/01/16

メキシコシティ (32)


がちゃがちゃした下町の様は
人間味と懐かしさに溢れている。




2018/01/15

メキシコシティ (31)


予期しないような絵が撮れたとき
次に向かっている、わたしが時間という流れの中にいる、
という気がする。


2018/01/14

メキシコシティ (30)


父の若いころの目になったような不思議な気持ちで
出来上がったプリントを見る。
国も時代も飛び越える一枚・・・。




2018/01/13

メキシコシティ (29)


ーメキシコシティらしさー

なぜかこの写真にそれをわたしはつよく感じる。


2018/01/12

メキシコシティ (28)



フィルム現像、ベタ焼き、セレクト、テストプリントという複数の工程を経ることにより
あの日、あの場所でわたしが感じていたことや、感触が
ほかの多くのものを引き連れて、徐々にゆっくりと浮き上がってくるようだ。

ひとつの写真作品をつくりあげることは、
醸造する作業に近いのでは、と最近思い始めている。




2018/01/11

メキシコシティ (27)


2週間での滞在で、メキシコシティがわたしに近付いてきた。

実際に(何年か)暮らしてみたら、この街の景色はどんなふうに見え方が変わっていくのかなと、何度も自然に想像することができたから・・・。


2018/01/10

メキシコシティ (26)


温暖な気候、湖を埋め立てて造られた都市、
まじりあった血、楽観的なひとびと。

この都市を貫くものは何だろう。



2018/01/09

メキシコシティ (25)


撮った写真の中から時間を遡ってメキシコシティへ。
もういちど、夢の中で再会するように
わたしは何度でも旅にでる。


2018/01/07

メキシコシティ (24)


メキシコシティの町に、人に、わたしは何を見ていたのだろうか。
写真によってすこしずつ明らかになることがある。

その内容に触れ、はっとすることもあるのだが
それはずっと前から、すでにわたしの中に在ったもののように思える。




2018/01/06

メキシコシティ (23)


フィルムで写真を撮ることは、未来の自分に託す手紙のようだと思った。

像が潜める時間は、長い時で一年もそのままのときがある。

出来てきたネガを見て、過去をすこし距離をもって眺めたり、写真を感じる目に変化をおぼえたりする。
まったく変わらない感覚を、しっかりかみしめる時もある。

その時間が厚みとなって、それに助けられるようにわたしはまた手紙の続きを書き始める。




2018/01/05

メキシコシティ (22)


わたしはこれまでいくつかの都市で、ストリートを撮ってきた。

パリでは人の佇まい、中国ではもののつくりだす影、
そしてこの都市では、人々の目を見ていたように思う。

こちらが彼らに頻繁に見られるから、ということもあると思うのだが、なめらかな褐色の肌に
(目の)白の部分がたおやかにうかび上がる。
じっと見入ってしまうような、
ひきつけて離さないような力があった。

目の奥がやさしい、と感じるような人もたくさんいた。




メキシコシティ (21)


突然わたしの目が勝手に動き出す。
かれらは何をしているんだろう・・・と。
こちらの想像力を膨らませてくれるような街角や、人々が見たい。
うまくゆけば写真におさめたいという一連のこころの動きは
いつでもある。
ゆっくりと進むか、ギアチェンジをして加速するかは、その都市をふらふら歩いた時の感触できめていく。

メキシコシティでは、ストップをかける別の力をかんじていた。



2018/01/01

メキシコシティ (20)


メキシコシティ、
日本からは地球の反対側の国、
その国や人のことを大切に思うように
まだ訪れたことのない国や人にも、おなじように思えますよう。

世界平和を。