2017/06/17

展示を終えて


今回の展示期間中、4人の写真家とトークセッションをしました。
写真を言葉で語る必要はあるのか?という意見もありましたが、私は敢えて映像を言語化するという事をしたかったのです。

今回の展示作品の中で行きつく果ては羽田の水際の写真です。ではなぜこの場所が私は気になったのか、拘って撮ったのか、行きついたのかが、展示が終わってからもずっと自分の頭の片隅にありました。

19~21歳ころ、大学にはあまり熱心に通わず、真剣に作家活動をしていました。私は絵(抽象画)を描いていて、線や円柱を様々な表現で延々と描いていました。
今考えますと〝形と色″〝線″〝境界線″に対する問題を、その当時絵画によって追求していたのだと思います。
今回の羽田の水際の写真は、過去に絵画でやろうとしていた平面における境界線への純粋な追求が露出していると思います。
(繰り返し同じモチーフを描き続けることは、TOPOPHILIAの仕事にも共通する手法です)

もうひとつは、私が他者(社会)に向かう時の立ち位置の問題です。
今回の水際の写真は、地面と水面が対角線上に切られ、そのキワ(せめぎ合い)の状況は写真によって様々ですが、だいたい半々の面積が取られています。
私が望む社会に置かれた自分の場所-即ち私が問題としたいことが、内側に籠ることではなく、社会の中へどんどん入っていくことでもない、ちょうど向かい合っているまさにその瞬間を常に選び、立っていたい-抽象的な概念ですが、私には他者(社会)に対してずっとそのイメージがあります。
その概念が、今回の羽田の水際(特に地と水の面積が半々で占められているという点)の写真に出ているのではないかな、と思っています。

私が羽田で水際に行きついた事とその構図についてこのように分析しましたが、5年後に考えは変わるかもしれないし、死ぬ間際には別の捉え方になっているかもしれません。

しかし作品を「言語化する」ということがひとつ前に進むことのように思え、今この文章を書いています。

この企画を進めて下さった湊雅博さん、写真について一緒に考えてくれた四人の写真家の方々
企画を快諾して下さった表参道画廊の里井さんには、この場を借りてお礼申し上げます。

















2017/06/13

展示終了のご報告

「重力の辺」(じゅうりょくのほとり)が終了しました。

当初私は羽田の土地の神秘性に導かれるように撮影してきましたが、気が付けば自身の内面を探るような作業に変化を遂げてしまったことを報告しなければなりません。

川島紀良さん(6月8日のトークセッションのゲストの方)より
「由良さんが羽田で遊んでいる」
という浮遊感を帯びた魅惑的な言葉が、この仕事をもっともよく表していると思います。

また、今回の展示に協力して下さったすべての方々に心から感謝いたします。



                写真:湊雅博


 
              

2017/06/12

トークセッション6/6 由良環×田山湖雪さん



写真:湊雅博
田山湖雪さんは、羽田の歴史や地勢を文献で調べ、多摩川の上流域の青梅まで遡って実際に見に行きました。それは彼女が静岡県藤枝市で撮っている作品、瀬戸川を遡る仕事にもリンクしているのですが
いつの日か彼女が東京や、そこの河を撮る序章のような気が
(私は)しています。

田山さんが見せてくれた藤枝の新作は、緑の勢いや自然の力を感じる描写に満ち、それは彼女の精神性そのものを映し出しているようだと思いました。



トークセッション6/7 由良環×中藤毅彦さん

                                 
    
中藤氏・由良・湊氏

 



 
              写真:相馬泰
中藤毅彦さんとは
日本そして東京における羽田の役割、歴史、地勢と
由良の作品との交差点は?
そんな話をしながら、徐々に東京全体の過去と現在、そして未来の話へ移行しました。
羽田を含めた東京湾沿岸で撮った中藤さんの写真を見せていただき(これらの作品は未発表ですが)
中藤さんの、東京を模索する旅はこれからも続きます。
そして将来私が撮る東京はどんなものになるだろうか・・・と思いを馳せました。

トークセッション6/8 由良環×川島紀良さん


                          
 
        写真:湊雅博
 
川島紀良さんは羽田に実際に立った時の感覚を、
身体の動きを加えながら
ご自分の書いた文章を朗読してくださいました。
突飛な表現を用いながらも、核心をついた場所に
着地する言葉たちに
私は不思議な感覚をおぼえていました。
 
 川島さんの発する言葉や声は川の音のようだと思いながら聞き、それに呼応するかのように自分自身の記憶の中の川も
流れ続け、
ついにわたしの「黒、クロ、玄」が、どこから来たのかを
言及することに・・・。
 
 
 
 

トークセッション6/9 由良環×榎本千賀子さん


                      



  写真:湊雅博

榎本千賀子さんより
この作品は、4×5カメラと由良の身体性によって表された特徴的な画面だと分析し、羽田の地面を引き剥がすような撮影をしていると語ってくださいました。
由良より
私は榎本さんに内在する「根を持つことへの希求」と写真を撮る関係に着目し、お話を聞きました。
榎本さんはこれまでずっと自分が住んでいる場所しか撮らない―それは自己と生きる場所を繋ぐ糸を紡いでいくような行為かもしれず・・・他方、私が旅(撮影旅行)をする原動力は、好奇心だけだ、という話になりました。

2017/05/20

ご案内


アサヒカメラ2017年6月号に「重力の辺」が掲載されました。
どうぞご覧ください。(P110~P113)




2017/04/01

写真展のお知らせ(表参道画廊2017/6.5-6.10)

                                   











  由良環写真展
重力の辺(じゅうりょくのほとり)

表参道画廊(東京写真月間2017参加)

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-17-3 アークアトリウムB-02
tel+fax03-5775-2469 www.omotesando-garo.com
12:00-19:00(最終日は17:00まで)

ディレクター:湊雅博


 作品「重力の辺」について
本展は2015年に羽田を撮影した「都市の余白」-羽田を歩く-
(リフレクション写真展2015参加)の続編である。

ここでは、より深い無意識レヴェルの精神世界を、羽田の地を媒介に自ら引きずり出そうだそうとする試みである。


[トークセッション]


四人の写真家を招いて、由良環と写真について語り合います。どなたでもご参加ください。(予約不要・参加費無料)
18:00-18:40*(開始時間が早まる日があります)

6月6日(火) 田山湖雪さん

場所についての互いの認識、バックボーンの違い
撮る事への意識について。


6月7日(水) 中藤毅彦さん

都市を被写体とする写真家同士、
東京を撮る意味や難しさなどについて。


6月8日(木) 川島紀良さん

言葉と写真の間を自由に行き来しながら
写真の本質にふれる。


6月9日(金) 榎本千賀子さん

現在福島県金山町で暮らしながら
写真活動をしている榎本千賀子さん。
作家と環境について、作品を作ることと、生きることについて。



2017/03/30

羽田 (106)


―生きる―という問いに向けて
この作品とは少しだけ歩幅を合わせることができたように思う。


2017/03/23

羽田 (105)


もうじき私の旅は終わろうとしている。
それは日常を生きながらの旅だった。

次はどんな旅ができるのだろうか・・・。
予感はあるが確信はまだない。


2017/03/22

羽田 (104)


河口の岸辺から、私はやがて波そのものに惹かれるようになっていた。

波を見ていると、これ以上の被写体はないのでは・・・と思う。


2017/03/21

羽田 (103)


アスファルトのこちらに対する無碍な突き放し方・・・
その冷たさと弱さと少しのやわらかさが、
私は気に入っている。



 


2017/03/10

羽田 (102)


人は風景写真を観て何を考えるのか・・・。
いや、
何かを考えるために風景写真はあるのかもしれない




2017/03/09

羽田 (101)


力を抜くことの大事さが、ここ最近ようやくわかってきた気がする。

人としても、作品作りに於いても然り。


2017/03/08

羽田 (100)


言葉をくれる人がいる。

私が羽田を撮る意味を深く探るよう
手を貸してくれるのだ。
私だけの世界から他者の視点や言葉が届き
また作品が膨らみをみせる。
この変化は、
考えてみればそれは面白いことだと思う。


2017/03/07

羽田 (99)


ここに通い始めたころを思い出す。
目にするものすべてが新鮮で、同時に畏怖の念を抱いていた。

私はずっと羽田の潜在的な大きさを感じていたのだ。


2017/03/06

羽田 (98)


心の中でつかえている些細なわだかまりも
比較的大きな問題も
ここでは同等になってしまう。



2017/03/05

羽田 (97)


大きな流れの中にも
自分だけの波を感じ、それを受け止め、表したいと思う。



2017/02/28

羽田 (96)



過去のイメージを振り払い
新しい世界に足を踏み入れたい。
いつでもそう思っている。


2017/02/27

羽田 (95)


表現における
強靭さと柔らかさの共生を
いつも自問している。


2017/02/26

羽田 (94)


私は心の近くにあったものを
一度思い切って投げ出す。
それでも立ち返ってくるような強い作品がほしい。


2017/02/24

羽田 (93)


日常的ではない風景がここには転がっている。

そうして私は、旅している時の気持ちを
いつも少しだけ思い出すのだ。


2017/02/23

羽田 (92)


私はわたしの脳みその表面に落書きをする。



2017/02/22

羽田 (91)


前回この場所に来てから何ヵ月かが過ぎた。
だがその間の記憶がすっかり飛んでしまっている。

私にとって生活の記憶と撮影時の記憶は連動せず
きれいに切り離されてしまっている。


2017/02/21

羽田 (90)


心の中の織り目が
ちょうど重なるようなときが訪れる。




2017/02/20

羽田 (89)


風が動く、空気が入れ変わる。


2017/02/19

羽田 (88)


答えはいつだって自分の中にある。
人は一生、自分の頭の中のコトで、行ったり来たり
進んだり退いたりするのだ。



2017/02/02

羽田 (87)


写真に添える言葉は、とにかくできるだけ写真に寄り添うように・・・と思ってきたけれど
それはほぼ不可能だと分かってから楽になった。

写真のための言葉は、その絵を観て思案するよりも
なぜその写真を撮ったのか、過去の自分に戻り自問自答すると、さらっと書けることがある。




2017/02/01

羽田 (86)


羽田で撮影していると、時折無性に物質的なモノを撮りたくなる。
まるで無意識の世界へ浮遊している自分を現実の世界へ引き戻す儀式のようでもある。

そんな時は、コンクリートの柱や強固な鉄骨さえ
やわらかく見え、ガソリンの甘い匂いが懐かしく思える。



2017/01/31

羽田 (85)


表現することに於いて、
脈略ある部分と説明がつかない領域のどちらも
私は大切だと思う。
そして後者がどれだけ魅力的かで
その芸術家の真価は問われるのだろう。




2017/01/30

羽田 (84)


写真とは何だろうか?

時空、時代性、人間の在りようなど
画面に写っていること以外にも
実に多くの考察を含んでいることを考えると
私がもし写真家でなかったとしても
一目置くべきメディウムである。




2017/01/29

羽田 (83)


人は何を思い日々生きているのだろうか。
そしてどんな時、生きる力が湧いてくるのだろうか。

私の錯綜した思いは宙を舞い、羽田の空や水や草むらに点在しているように見える。




2017/01/28

羽田 (82)


都市でもなければ自然でもない
いくつもの要素を含んだ複雑さに惹かれ
私はここに通っているのだと思う。



2017/01/27

羽田 (81)


羽田を撮り始めてから2年余り、
気が付いたら羽田と私の心の距離は、相当近いものになっていた。

写真を撮り作品を組み立てていく過程で、ただの風景が意味を持ち始める。
羽田の存在が、自分の歴史に組み込まれていくような感覚を憶えている。

それは
羽田空港周辺のような名もない場所だとしても、同じことなのだなぁと・・・。




2017/01/26

羽田 (80)


「映画はどんな内容の映画でも、内へと向かい
写真はどんな表現でも、外へと向かう特性がある」と・・・。

これは学生時代、映像表現の講師が言っていた言葉である。

かなりざっくりとした概念ではあるが、当時良く理解できたことを覚えている。

映画表現にも少なからず興味のあった私だが
この言葉で「私は写真だな・・・」と直感した。




2017/01/25

羽田 (79)


アンリ・ベルクソンは
人が生きること(生の持続)と、映像の本質の関係性に鋭く言及し持論を展開しているのだが

私が写真をやっていること、そしてなぜ自分が写真を選んだのか、ということを
こんな形で説得力を持って紐解かれていくことは、驚きである。





2017/01/24

羽田 (78)


私はつい“快”を感じる「撮る」方にばかり重きを置いていたけれど、それではいけないと気が付き始める。

写真家はただ写真を撮るだけのマシーンではダメだと思う。
それを吟味して、選んで、意味を考えて、言語化して・・・
というかなりしんどい作業が必要になってくる。

それに少しづつ慣れてくると
すべての写真の見え方が俄然違ってくる。


2017/01/23

羽田 (77)


この場所を拠り所としている人々が一目で見渡せる場所がある。

昔ながらの小さな船で漁に出る漁船、ただぼんやりと海を眺める人々、野良猫に餌を運んでくる人
それから釣り人たち。

それらはあまりに自然で
まるで彼らの毎日の日課のようでもある。

そして自分のような観点でここに思いを寄せている人間も、いる。


2017/01/22

羽田 (76)


ここは単なる河口ではなく
不思議な土地の力や人の“気”が宿っているようだ。

そして私が感じようとしているのは、都市の“気”だ。